Biography of KURIKO

bioakizukiクリスマスに誕生。依って、「くりこ」と名付けられる。

******物心ついた頃から*****

歌と音が大好きで、カーテンの向こう側から歌いながら登場することと、テーブルの下に隠れて歌を歌い、大人に「あれ?ラジオが流れてきた」と言わせる事が得意技だった。

*****少し知恵のついた幼少期*****

どうしても両手で鍵盤を弾きたいが、ピアノがない。仕方がないので、メロディオンを2つ並べて、左手用を弟に吹かせる。いいところで音が途切れると不機嫌になった。どこで息継ぎをしたらよいかわからない幼稚園児の弟にとって、これが人生初めての試練だっただろう。すまぬ弟よ。

友達ができはじめると、へんてこりんな替え歌や自作曲をつくり、茶畑の中で(友達に強制フォーメーションを組ませて)振り付け付で歌った。

また、空き缶やお菓子のプラスティックの箱を打楽器とし、複数人に叩いてもらう。このとき、本人は指揮者。菓子箱オーケストラマエストロ誕生。

この頃、よく、親と「ピアノ買って」「習うならいいよ」「習うのは嫌だ」の押し問答を繰り返していた。

*****相変わらず歌とピアノが好きな青年期*****

友達の家、音楽室のピアノだけでは物足りなくなり、「ピアノ買って」の本気交渉。

それでも、「習う」という条件を譲らない親を打破するため、合唱コンクールの伴奏に立候補!ついに、念願のピアノが家にやってくる。譜面にカタカナでドレミを振り、後は音を頼りに練習。『習いに行く=譜面を見ただけで弾けるようになる』という発想ゼロ。
カタカナ楽譜と音源で毎日時間さえあればピアノ漬け。ショパンなんかも弾いちゃって結構楽しくやってた。
高校進学後、ボーカル・ギター・ベース・ドラム・キーボードの5人編成バンドで人生初のボーカルを経験する。学園祭でのライブ。体育館のステージ上は気持ちよかったな。
受験勉強そっちのけで、音楽ばかり聴いていて、よく親に叱られたよ。
それでも懲りずに、音楽室に入り浸り、音大を目指す友達がグランドピアノを弾く横で、アップライトピアノを弾いていた。
今思えば、完全に邪魔。笑。お友達、音大受かって良かったーーー。

*****大人になってから ハーモニー時代*****

相変わらずダントツに一番好きなことが、歌うこと。でも、どこに行けば音楽ができるのかよくわからないまま、河原や公園や深夜の陸上競技場など、人のいない場所へ行っては、アカペラで熱唱してた。目の前に埋め尽くすお客様を妄想して・・・(ヤバい奴)。

その後、やっと出会えた音楽をやる方々とのご縁で、富士宮市の「Dining Bar Harmony」(ジャズ好きなマスターとめっちゃんこお料理の美味しいママのお店)に通うようになる。一人暮らしだったこの頃の私はママのご飯と、マスターの音楽で出来上がっていた。そして、ここで、『ピアニスト志村孝雄氏』と出会う。「歌うことが大好き!」が伝わりデュオで活動開始。人生初のコンサートを行ったのはもちろん「ハーモニー」。志村氏にはたくさんたくさん経験を積ませて頂きました。本当に感謝。

*****大人だけどガキのままだと気づいたEN時代******

ポップスやオリジナル曲を歌うことに興味を持ち始めたころ、またまた素敵な出会いが。『jin』さん。Jinさんのお店、富士市の「Live&chobiっとBAR EN」(今は移転されています)がオープンすると同時に「いつか必ず満席にするから、ずっとずっと歌わせて!」が伝わり、一年に2~4回ワンマンライブを開催するようになる。楽器が何一つろくにできない私をたくさんのミュージシャンの方々がサポートしてくださいました。そんな中、ギター・歌・ドラム・ベース・ピアノなんでもやっちゃう音楽の塊jinさんをギタリストとし、ベーシスト・ピアニストのメンバーを迎え4人編成のバンド『Kurikos』結成。

とにかく楽しかった。だって、3人が私の頭の中や、それ以上を形にしてくれるんだもん。4人で作ってく音が、ワクワクでキラキラでたまらなかった。みんなで作ったアルバム「in the BOX」今でも大好き。もちろん、初めに誓った「満席」という約束は果たしたよ。みーーーんなの力で!

*****Kurikos2人体制から現在*****

2014年4月、Kurikosがベーシスト『高橋和樹』とギター&歌『Kuriko』の2人体制となる。ここからようやく、「まずい!ギターちゃんと弾けるようにならなくっちゃ」と思う。簡単なストロークしかできない私を、コントラバスで、ベース音、リズム、弓もソロも・・・力の限り支えてくれる、和樹こそが、本当はバンマス!2016年1月。『Kurikos』無期限活動休止。同時期に、『Kurikoのうた』結成。歌とギター『秋月くりこ』ギターと歌『安部光輝』のユニット。光輝とギターを弾くのが楽しくて、現在、人生初の、「ギターたまらん期」に突入。

2人の活動については、これから。これから。とにかく、面白がって音楽やってる私たちを近くからでも遠くからでも見ててください。

そして最近は『秋月くりこ』一人でも歌います。

一人でも、二人でも、何人でも、笑いながら泣きながら歌ってく。ずっと。

 

2016 to be Continue…

PAGE TOP