BLOG

ツマグロヒョウモンの毛虫

こいつは、一体、何になるのだ?

『黒とオレンジの毛虫』で検索をした。

ツマグロヒョウモンという、蝶々になる。

そうか。割と可愛い蝶々じゃないか。

ってこら!!!!!

私のスミレを食い尽くそうとしているではないか!!

自然の摂理ですし、生きとし生けるものみな平等にこの世で生きる権利ありますし、

私ごときの、スミレが好きで咲かせておきたいという小さな願いは、ただの自己満足であり、この地球上に必要のないことなのかもしれない。

そう思って、少し我慢はしてみたものの。。。

 

葉を全て食い尽くされ、枯れて行くスミレを見ると、や、いやいやいや、スミレにだっていのちあるじゃん、生きたくて子孫残したくて、種つくってんじゃん。

スミレは、その可憐さで、くりこと言う人間を魅了し、味方につけた、これは、スミレの力であり、

毛虫対スミレの勝負、強力な助っ人を得たスミレの勝利!!!と言うことだろう。

ってなわけで、

毛虫パトロールを1週間続けた。おそらくこれでもう大丈夫だろう。とおもっていたら、

ツマグロヒョウモンが、ひらりはらりと飛んできた。ラスボス登場だ。こいつが、また、私の庭に卵を産んで行ったならば、

また、新たなる戦いが始まるのである。

 

 

 

こちら、負けじと種を残すスミレ。

接写すぎて。。ぼやけた。笑。

因みに、争い事は、ほんとうに嫌だ。

できれば、何事も穏便に、我慢して済むことならば、我慢して、すっと消えてしまいたい。

なので、どうか、私の小さな花壇に、卵産まないでください。蝶々さん。

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2019.07.18

    松本城

最近のコメント

アーカイブ

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP