BLOG

ぶどう狩ったぜい

「狩り」にでたことはほとんどない。

人生初のぶどう狩りだ。

一般的なのがどんなシステムなのかは知らないが、

今回は主人の直感に任せて検索でヒットしたぶどう園をカーナビにセットしてでかけるという作戦だった。

ただただ、カーナビに案内されるがままに、進む。進む。

前夜睡眠が少なかった私は、助手席で、眠る。眠る。

気付いたらぶどう園についていた。

ぱっとぶどう棚を見上げるも、私の大好物「シャインマスカット」の姿は見えない。

ほんの少しテンションが下がる。

次に、「試食してみますか?」と気の良さそうな女性が数種類のぶどうを持ってきてくれた。

食べる・・・さらにテンションが下がる。笑。

そうなのだ。私の頭の中は、すっかり、近所のちょっぴりお高めなスーパーマーケット「あおき」のフルーツコーナーに

厳重に包まれ、お行儀よく整列している様な葡萄達が、天を仰げば鈴なりにぶら下がっていることを

想像していたのだった。

そうです、過大な期待による失望。自己責任って範疇の「がっかり」だったわけです。

 

 

最近になって、ようやく主婦らしさが少しは身についてきた私は、食材を買うときに少しは値段を気にするようになってきた。

一人2000円45分間食べ放題のぶどう狩り。食べられなければ1房800円での買い取り。

以下の、3点に絞って瞬時に、考えをまとめた。

①ハワイで散財した直後の我が家のレジャー予算額。

②おそらく終盤を迎えている葡萄達は、800円を出して持って帰りたいと思うほどのものではない。

③「あおき」に行けば2000円で私の大好物シャインマスカットは売っている。

でた答えはこうだ。

せっかくここまで狩に来たのだから、「ぶどう狩ったぜ」感は味わいたい。

だが、買取はしない。結論、狩るのは3房。

隣では、こんな私の脳内を知る由もない主人が、初体験のぶどう狩りを前に、ニコニコとしている。

それなりに、色んな葡萄を見て歩いて、厳選して3房を狩り取った。

食べ始めると、お天気のよさや、空気の美味しさも手伝って、

すっかり楽しくなって、計算通り2人で3房でお腹がいっぱいになった。大満足。

そして、葡萄の横に売られていた朝採りのきゅうりを、3本100円で購入し、ご機嫌で葡萄園を後にした。

 

きゅうり、新鮮で安かったです。

おわり。

 

 

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2018.10.13

    焼きチー鱈
  2. 2018.10.11

    無意識を知る

最近のコメント

アーカイブ

2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP