BLOG

探し当てて…雨粒のお話

過去に書いた記事。
曲にしたくていつも頭から離れない。
歌詞に曲をつけたことはないけれど、いつか形にしよう。
と、過去記事を探し当てた。
『雨粒のお話』
海に浮かぶ。
ボードに乗ってプカプカ波待ち。
曇りの日。
あっ…雨が降りだした。
そんな日の雨粒のお話。
雨粒は、アスファルトにぶつかると、ピチャリと広がり、水となる。
雨が降りだした時の、アスファルトの濡れ始めのような香り、好き。
この日まで、お空から落ちてきた雨粒が、あんなに真ん丸だって知らなかった。
雨粒は、あくまでも自分は雨粒であることを疑いもせず海面に降りてきた。
海面をしばしコロコロ。
ちっちゃくて真ん丸な雨粒。拾い集めたくなるような真ん丸に削り出したmoonstoneみたい。
綺麗。
海水と僕は同じじゃないの?どうなの?海はショッパイな…
って思って転がる雨粒。
そのうちに、
スーッと海の水になる。
心を決める。海になろうって。僕はちっちゃいけど、大きな海になろうって。
そんな風に見えて、
何故だか、胸がチクンとした。
海での、雨粒のお話でした。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.23

    心と身体
  2. 2020.03.23

    寝溜め

最近のコメント

アーカイブ

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP