BLOG

悲しみよこんにちは…など

サガンだったな。
カミュの異邦人も好きで…
何度か読んだのに、感覚でしか思い出せないのはなぜだろう。
不思議の国のアリスなんか、30回は読んでいて、表紙がボロボロなのに・・・

薄れゆく記憶。

小川洋子・石田衣良・角田光代・・・何冊読んだかわからないのに、

タイトルだって数える程しか思い出せない。

人間は、こうやって少しづつ忘れていく生き物だ。
だから、悲しい別れがあっても生きていけるのかもしれないね。

元気を出して・・・なんて簡単には言えない。

永遠のお別れには時間が必要。

私には、まだ経験のないことなのかもしれない。

祖父母の時は辛かった。

たくさん泣いた。悲しかった。

けど、まだ子供だったのかもしれない。

今の私は、せいぜい、

もう、二度と会うのはやめよう とか

勇気をだしてさよならしよう とか

たったその程度の別れがあるに過ぎない。

永遠の別れとは程遠い。

「バイバイ。またね。」

ではなく

「さようなら」

今夜は、泣いていいことにしよう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.23

    心と身体
  2. 2020.03.23

    寝溜め

最近のコメント

アーカイブ

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP