BLOG

雨粒のお話

海に浮かぶ。
ボードに乗ってプカプカ波待ち。
曇りの日。
あっ…雨が降りだした。
そんな日の雨粒のお話。
雨粒は、アスファルトにぶつかると、ピチャリと広がり、水となる。
雨が降りだした時の、アスファルトの濡れ始めのような香り、好き。
この日まで、お空から落ちてきた雨粒が、あんなに真ん丸だって知らなかった。
雨粒は、あくまでも自分は雨粒であることを疑いもせず海面に降りてきた。
海面をしばしコロコロ。
ちっちゃくて真ん丸な雨粒。拾い集めたくなるような真ん丸に削り出したmoonstoneみたい。
綺麗。
海水と僕は同じじゃないの?どうなの?海はショッパイな…
って思って転がる雨粒。
そのうちに、
スーッと海の水になる。
心を決める。海になろうって。僕はちっちゃいけど、大きな海になろうって。
そんな風に見えて、
何故だか、胸がチクンとした。
海での、雨粒のお話でしたニコニコクローバー

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2020.07.23

    心と身体
  2. 2020.03.23

    寝溜め

最近のコメント

アーカイブ

2011年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP